ホーム  >  我孫子のページ

我孫子 (大阪市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

大依羅神社

あびこ観音

我孫子(あびこ)は、大阪市住吉区南東部の地名である。

概要 [編集]

現在の住所表示では、住吉区我孫子・我孫子西・我孫子東がある。また住所表示では苅田・庭井・杉本・浅香・山之内となっている周辺地域(大阪市編入前の旧東成郡依羅村〔よさみむら〕の地域。ただし、旧村の範囲と現在の住所表示は完全に一致しない)についても、広い意味では我孫子の一角として認識されることがある。本項では住所表示上の我孫子に加えて、旧依羅村の地域についても記述する。

地域はほぼ全域が住宅地となっている。交通の便としては、南北には阪和線および大阪市営地下鉄御堂筋線・あびこ筋が通り、天王寺方面と堺市方面を結んでいる。

西側は遠里小野、北側は長居、東側は東住吉区公園南矢田、南側は大和川を挟んで堺市北区および松原市天美とそれぞれ接している。

地域にある施設等の名称は、しばしば「あびこ」とひらがな書きされる。ただし大阪市営地下鉄あびこ駅については、旅客案内の上ではひらがなの「あびこ」表記だが、正式名称は漢字の「我孫子」である。

地名の由来 [編集]

我孫子の地名、および一帯の旧地名・依羅(よさみ)は、古代にこの地に居住していた豪族、依羅吾彦(よさみのあびこ)に由来するといわれる。依羅は「寄網(よせあみ)」、吾彦は「網曳子(あみひこ)」が変化したものだともいわれ、一帯は古代には大阪湾に面した環境で、人々は当時漁業や狩猟の生活をおこなっていたことがうかがわれる。

また旧依羅村に属していた各地域の地名の由来は、以下の通りとなっている(五十音順)。

  • 浅香(あさか) - この地を開発した浅香善右衛門宗胤の名前に由来する。
  • 苅田(かりた) - 戦国時代に争奪目標の目印として草刈りがおこなわれた場所だったことに由来する。かつては「かつた」と呼ばれたとされるが、現在は「かりた」と呼ばれる。
  • 杉本(すぎもと) - 藤原定家の古歌に由来する。
  • 庭井(にわい) - 大依羅神社の境内にあった井戸が「庭井の清水」の別称で呼ばれたことに由来する。
  • 山之内(やまのうち) - 南北朝時代にこの地にあった荘園の名称に由来している。

歴史 [編集]

古墳時代にこの地に依網池(よさみいけ)が造成された。依網池はため池として、後世まで周辺地域の水の供給に使用された。また同時期に我孫子には依網屯倉が設置された。依網屯倉は我孫子地区のみならず、現在の堺市北区から松原市にかけての地域にも広がっていたと推定される[1]

中世には鋳物師集団がこの地に居住していたと考えられる。1451年の記録文書として、苅田村・我孫子村ほか摂津国住吉郡五箇荘[2]の鋳物師代表が、京都に上納する役銭を定めたという内容のものが残っている。この地に居住していた鋳物師集団は、地理的にも比較的近い地域にある河内国丹南郡[3]を拠点にしていた河内鋳物師(丹南鋳物師)とも関連があると推定されている。

戦国時代には戦乱の舞台となり、我孫子にも陣がおかれた。

江戸時代には地域に我孫子村・山之内村・杉本村・庭井村・苅田村が成立した。一帯は農村となっていたが、1704年大和川の付け替えにより、地域を横断する形で新大和川が開削された。そのため関係の村では耕地が大きく減少した。また従来の依網池の大半が新大和川の河川敷に転用されて面積が3分の1に縮小したことに加えて、地域では従来狭山池からの水も利用していたが新大和川で供給路が分断されたために不可能になったことなどで、水事情が大きく悪化した[4]。一方で、大和川の開削によって荒れ地になった土地を再開発し、杉本村から分かれて杉本新田[5]が成立した。

明治時代には、我孫子村・山之内村・杉本村・杉本新田・庭井村・苅田村・寺岡村・前堀村・堀村の合併により、町村制に基づく住吉郡依羅村が1889年に成立した。その後1894年には依羅村から旧寺岡村・前堀村・堀村の地域が分離し、長居村(現在の長居地区)が発足している。

1925年には大阪市の第二次市域拡張により、大阪市に編入された。依羅村では「農村の風景が失われる」などとして大阪市編入反対運動が起こったが、国や大阪市が編入方針を強く打ち出したため、結果的に編入されることになった。

一帯は第二次世界大戦終戦直後までは農村地帯だったが、1950年代以降宅地化が進んだ。

主要施設 [編集]

JR我孫子町駅

JR杉本町駅

地下鉄あびこ駅前

大阪市立大学

大阪府立大和川高等学校

大阪府立阪南高等学校

関連項目 [編集]

参考文献 [編集]

  • 『住吉区史』大阪都市協会編、住吉区制七十周年記念事業実行委員会発行、1996年3月。
  • 『依羅郷土史』山崎隆三編、大阪市立依羅小学校創立八十五周年記事業委員会発行、1962年9月。

脚注 [編集]

  1. ^ なお現在の松原市には「三宅」の地名が残るが、この地名も依網屯倉に由来すると考えられている。
  2. ^ 現在の住吉区および堺市北区に相当。
  3. ^ 現在の堺市東区美原区および松原市南部。
  4. ^ 新大和川の水は、地形の関係で取水困難だった。
  5. ^ 18世紀前半の成立だが、正式な分村は1883年。1925年の大阪市編入時、住吉区浅香町に改称。おおむね現在の浅香にあたる。

ページトップへ